Air Play 鰤

イメージしろ!
<< 移り行く色にあなたを想い 小鳥とハミング | main | 知らぬままに 嘆きのFRACTION >>
微笑んだとき気付いたんだ 君だけが持っている強さに
0
     

     ちょっと何日か空いちゃったけど公開続き。水曜日は亜美でした。
     メインドローテキストはやっぱり持ってて便利なテキスト。今回はメインドローと1捨て2引きテキスト持ちのPTが多いのでここら辺の説明はだんだん割愛気味。
     下のテキストは控室バックからのタッチレスト。フレンドがキャッチした場合はもう1面フレッドをレストして、バックヤード条件を満たすとフレンドにATK+3。
     自身のサイズを上げるテキストは持たないもののタッチレストによってどんな相手でも基本的には1:1を取れるのであまり気にならない。ただこのタッチレストによる攻めとフレンドがキャッチした場合のもう1面フレンドレストは結構噛み合ってない印象を受ける。と言うのは、基本的には相手のパートナーにキャッチさせて1:1交換を取りつつフレンドのアタックを通していきたいことになるが、そのために焼きやタッパーで相手のブロッカーを潰していくとフレンド2面をレストする効果自体はあまり使いどころがない。オートレベルアップを見てからタッチレストで潰しに行きたいところだが、自分のアタックでフレンドのATKが上昇するという順序の関係上、自分がアタックする優先度が高いのもあって見た目以上に扱いやすくはないテキストになっている。ただ、裏を返すとフレンドが2面立っている状況であってもフレンドを寝かしてPTを叩きにいけるテキストととらえることもできるので、タップや焼きに普段リソースを消費しなくてもいいと考えることもできる。最近流行気味のリベンジ内臓系フレンドにさえサイズを無視して1:1を取れるので、その上で横のアタックを通すことができるのは利点。そう言った環境の実情を含めて横のアタッカーはできるだけ基礎サイズの大きいキャラを使いたいところ。ぷちますの響&ちびきとかは条件を満たして先制貫通となるので持ってこい。バックヤードに送れないとタッチレストも得られないので初手回りは非常にゆっくりムーブになる恐れがあるのは割と怖い。



     書き下ろし亜美はいわゆる智樹互換。可愛いよね。
     3ルックドローはデッキの回転を安定させるし、リカバリもついてるので盤面も整えやすい。エクストラに戻るので元のテキストが死なないのはやっぱり便利ですね。
     エクストラ元の亜美としてはぷちますのR亜美やEX亜美こあみなんかは、下のテキストをできれば恒久的に使いたいので、場に置きながらもリカバリなどに使えるのは無理なリカバリの登場などキャラの登場にもストレスが無くて純粋に便利。重い登場コストの踏み台にもなれるものの、PTとして使って乗る場合は先攻1ターン目でもなければ振り幸の存在がどうしてもちらつくところ。



     勝手に呼称してる「エクストラキャラの衣装サイクル」と「PTの付録っぽいまもなくオーディションサイクル」の1枚。亜美の置物はやっぱり真美。とはいってもあんまり置物っぽさはない。
     亜美アタックのタッチレストで単純に横になれば1ドローがついてくるので亜美PTで使う場合は疑似的にアタックドロー付与みたいなもの。そこに貫通がついてくるので、亜美でATK+3を振った場合はATK10の先制貫通になるなど、なかなか。ただ昨今のリベンジ内臓フレンドを見た場合は、耐久7までなら一方的に落とせるものの耐久8になってしまうとどうにもならないのはちょっと悩みどころ。恋姫のように耐久11とか、ラブリケの攻撃力減少と相まって実質10のような存在がやっぱり辛い。
     亜美で使わなくてもタップ重視のPTだったら採用圏内なのはいいところ。フルパンしていく感じに思える雪歩や、ぷちますのゆきぽなどでも手札をフォローするアタッカーになりうるのはいいところですね。
    | - | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 11:04 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://jinx-shop.jugem.jp/trackback/566
      トラックバック
      CALENDAR
      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>
      PR
      RECOMMEND
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENT
      モバイル
      qrcode
      LINKS
      PROFILE