Air Play 鰤

イメージしろ!
<< 「飛び立っていくの あの高い空まで」 | main | この坂道を登るたびに あなたがすぐ側にいるように感じてしまう >>
それじゃね、ずっと片想いのデフォルトじゃん
0


     今日はRR真美。カッコイイ系らしいけど曲は全般的に頭ぶっちぎってるというか…
     メインドローテキストは持ってるだけで結構一定の評価。最近愛紗使って思ったけどメインドローの何もせずともハンド増えるアレはほんと楽。
     下のパートナーテキストは自場のキャラを1面裏にして焼きか直ダメを与える効果。相手のバックヤード枚数によってボーナスが貰える感じ。
     焼きの方は最大まで伸びると5点焼きのバトルダメージになるので焼きメタの上からダメージを飛ばせる。このあたりはアルペジオのハルナにもあったテキスト。ハルナと比較するとあっちは特定ネームがいるだけで大体5点バトルダメージになったのでバックヤードを参照する分真美の方が遅めのテキスト。ただ最近のカードはセット割りでさえバックヤードを作りに行くものが多いので、その実4枚程度のバックヤードならさっさと満たせそう。パートナーのテキストでバックヤードを作るのと、控室をバックヤードに置くことをコストにするパートナーも多いので、環境的には条件が満たしやすいという意味で追い風。PTに直接飛ばして一気に焼いていきたいところ。現状の焼きネームとはネーム被りもなく、特に裏の伊織を踏んで出せる伊織&いおなんかが使いやすいかな。5点→4点→アタック2or3点ながら、途中にはピン4〜6、凹むも挟みうるので手札は使うもののなかなか。メインドロー持ってるのが本当にエライ。
     直ダメの方は最初は1点ながら、4枚以上で2点になる。ちょっと変わった組み合わせかなと思うけど、序盤〜中盤で焼き込みでダメージを取って終盤は直ダメで逃げ切るようにしてもいいかなとは思う。こんな勝ちパターンは結構前も今もよく見るし、防御手段次第ではあるところだけど。なんにせよ焼き一辺倒のテキストじゃなくて、状況によって別のダメージソースを保有しているというのはなかなかできることが多くていいですね。直ダメ2ってのがちょっと地味だけど…
     メインドローのおかげで焼きに回す手数も確保しやすいし、メインドローのおかげで防御手段も抱えやすいと考えられる、ひとまず扱いやすい感じのパートナー。裏のキャラを作れるので、比較的初手がらみのキャラ事故を無くせるのもいいところ。今月の月刊ブシロードのPRの千早なんかは復帰ドロー3点と扱いやすくもいい効果なので、ここら辺から焼きに派生できたりするといい感じかなーと。伊織系統も悪くはないけど、復帰から入りづらいのがちょっとアレ。難点は貫通を得る手段と、自身のサイズが上がらないので基本的に焼いて落とせないと逆に打点が入らないことになりうるところ。若干小手先のあれこれで押す感じがほんとこの双子それっぽいな!焼いた後CHANGEタッチレストでもうめんどくさいから殴ればいい気がする。



     エクストラの衣装サイクルからはよくある3ルック貫通。ちょっと前はアーサー&ランスロット互換って言われてた気もするけど、単騎エクストラになって登場コストが変わった今では唯湖互換…だっけ?
     初期値5から修正値2なので育てると大きくなるフレンドアタッカー。登場からレベルアップまでこぎつければそれだけで9になって、リベンジ内臓系フレの上を超せるステになるのがいいところ。ハンド2枚のコストは重めかと感じるものの、1枚ドローで戻ってくるので手札1枚でエクストラしてるようなものなので、見た目以上に使いやすい。
     元となる真美で使いやすいのは今のところCIP1ドローリカバリの真美&こまみぐらいかな?できれば登場でアドを得ながらエクストラしたいところなのでもうちょっといい手出しが欲しいですね。真美&こまみみたいなPTのATKを上げるエクストラの存在もあって、割とどっちも使っていきたいのが悩みどころ。ネームとしてはちょっともったいなさを感じなくもない。ただ優秀なフレンドアタッカーの選択肢を得られたのは結構いいところ。フレンドのサイズを上げるPTもちらほらいるのでいいカードですね。



     いわゆるシナジーするフレンドのまもなくオーディションサイクル。これコモンのサイクルっぽいですね。
     裏スタンド戻し乱入と乱入時控室3枚バックヤードと、恐らく真美とのシナジーを目的に作られた感じ。この手の乱入はごちうさのリゼとかに散見されるけど、凹むやチャンプブロックなどで裏にしてやっと乱入コストにできたあちらとは違って真美の効果で能動的に表スタンドのキャラを作れるので乱入のしやすさは明らかに口上している。真美で1枚、この亜美で3枚バックヤードを作れば4枚ということで、真美のパートナーテキストの効果がパワーアップするようになっており、わかりやすいシナジーができてる。
     このキャラのいいところは素の打点が8ある貫通ゆえに、リベンジ内臓系とひとまず相打ちはできるということと、バックヤードが6枚以上だとさらに3減を振れるというメリットがついてくること。自分の打点をいくら上げてもリベンジ系統には無意味だけれども相手のステータスを下げるなら話は別で、特にターン終了時まで持続するためこのキャラ以外の他のキャラにも効果のあるメリットというのがちょっと違う。PTに振ることもできるため、効果の選択肢の広さは見た目以上にある。控室をバックヤードに送るタイプのPTも多いというのは先も言ったけど、すなわちしかるべきタイミングで出せばバックヤード6枚以上という条件も割と容易なため、真美専用フレンドと言うわけでもなく、自身を戻して改めて同一カードを出すこともできる乱入コストの点からも、割とグッドスタッフ的に機能しうるカード。亜美の単騎には復帰と3ルックを兼ねたエクストラもいるので、その実場にいるだけで盤面の回復にも貢献するのはおいしい。もっと尖ったステータスだったらと思わなくもないが、結構いいカードだなと思います。
    | - | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 23:52 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://jinx-shop.jugem.jp/trackback/571
      トラックバック
      CALENDAR
      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>
      PR
      RECOMMEND
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENT
      モバイル
      qrcode
      LINKS
      PROFILE