Air Play 鰤

イメージしろ!
<< オリジン点数表 青 by アルフォート | main | 超えてきた日々揺らいだとて 建てた誓いが明日を閉ざしたとて >>
私にしか守れないものを 身を削って紡いだら
0

    IS公開メモがてらレビュー。

     

     IS、千冬エクストラ、R一夏に続く汎用ライド効果持ちカード。先に出てた3種と違って、ハンドからの登場であることとユニットがハンドに戻ってくること、ライドタイミングがバトル開始時というのが大きな違い。
     ハンドから登場であるため、ユニットを常に持っていなくちゃいけないところがネックではあるものの、控えにユニットを置くことでましろ色やカボチャ系統に控えを荒らされることにまで神経を使わずに済むのが利点。乗せっぱでもなく、戻せるためにPTのレベルアップを阻害することもない。CIPドローとISへの2/0パンプもあり、恒久的なドロソとバフカードとして機能する。
     一番いい流れは、PTかどこかがライドでパンプ貫通付与、バトル開始時には自分が紅椿にライドして自分に付与…という流れだろうか。椿ライド時は10点の貫通かつ盤面においてはダメージ回復で面に対するサイズで貢献できる。
     ティアーズによる貫通付与ができるセシリアや、イベントアンタッチャブルを持てる鈴においてはかなりストレス少なめに採用できるフレンドかなと思う。登場コストも強く、ハンドへの負担も優しい。トップがライドする予定のないPTであっても横の貫通やライドを充実させられるのは便利。
     PTとして見た時は自身がライドしないと貫通とサイズを得られず、一方で受けるサイズは上がらないため行きは強いものの帰りは微妙で、ドローもかなり限定的であるため安定感も厳しいか。フレンドとしての採用かな。できればPTへのライドカードとして恒久的に採用したいもののそうすると自分がライドするタイミングが難しくライドの手間がなんだかんだで変わらないまま…かもしれないということかなと。



     エクストラの箒はリカバリと控えからのセット。これまで控えのセットを拾う手段がその実無かったので、セシリアなんかはセットが落ち過ぎると辛かったがこれによってそれなりに選択肢を持てるようになった…気がする。
     RR箒と併せてIS登場ドロー貫通付与を2面に触れるようになるものの、登場に手札を1枚使い、戻るにも1枚使い、更にセットコストまで支払うため、そこからさらにどこかを登場させるとなるとかなり手札にツライ。メインギミックではなくそれもできる、程度にはなりそう。控えからセットを拾えるようになったこと自体はかなり○。

     
    | - | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 19:41 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://jinx-shop.jugem.jp/trackback/578
      トラックバック
      CALENDAR
      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>
      PR
      RECOMMEND
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENT
      モバイル
      qrcode
      LINKS
      PROFILE