Air Play 鰤

イメージしろ!
<< 木が揺らいで 雨が降って その中でいつも明日を想う | main | 心が宝石を産む度に 高く浮かべて名前付けた >>
この命果てる場所に何かがあるって いつも言い張っていた
0

     これもやっぱりかねてより公開されてたEXターニャ。テキストはエクストラリサイクルと吸い上げ。

     尋常じゃないほど重い登場コストだがもっぱら専用イベントでの登場用になる。

     下のテキストが2回使えるようになるので効果によっては絶大な効力があったりする…かも。

     ターニャが入っててイベント採用枠があれば出すことができるので1枚だけ採用しているようなエクストラを複数回使えるところはポイント。サイズも8/8なので純粋に2/2パンプされたような存在でもある。フレンドでも出せるからテキスト次第ではフレンドライドもありえる。

     現状の問題点は振り幸系統のケアが公開されてないこと。まああるとは思うんだけど…

     

     そんで専用イベント。バトル限定かつ、

     ,海離拭璽鵐▲織奪していない

     ▲┘ストラキャラでない

     I愁好織鵐匹

     ぅ丱肇襪忙臆辰靴討い覆

     ターニャに上のカードを重ねて登場させる。バトルタイミングで別キャラ登場がよっぽど怖いのか縛りが非常に多い。連パンはできないし、例えばターニャと誰かのエクストラの上に乗せることもかなわない上、フレンドやPTで振り幸を貰った時のケアとしても使えず、コンバットトリックとしてのライドもできない。

     強制敗北条件も書いてあるが、ここは発売後にちょっと武士に問い合わせかもしれない…恐らくこのイベントを使った状態でエンド時に4枚あれば負け、になる効果であって、単純にこのイベントをそのターンに使用しなかったけどバックヤードに4枚ある、という状況であれば敗北にならない…と思うんだけどどうなんだろう。4枚目を使って即敗北ではないので、4枚目からそのターンに勝てるなら4回目のライドもありえ、要するに4枚採用も視野のカード。ただ盤面に4枚あるのが相手も確認できるようだと(要は控えにあるとか)使用に敗北のリスクがあるのは結構神経使う。

     

     これを踏まえると…

     

    ラインの悪魔

     セットを動かした際の張りかえ、回収or2/2上昇がもう一度使用できることになる。ライド前提なら下のテキストでパンプする必要が基本的には無いので、自力で動けるセットか、もしくはフレンドでセットを動かせるなら、盤面でのセットの損失がかなり防げるし、ドローと回収でアドバンテージも膨れることになる。横パンプもターニャがリベンジでPTサイズを縮めやすいことを考えると面押しが強くなるため噛み合いは割といい。リベンジがピン採用でもリサイクルできる点もなかなかいい。

     

     正直あんまりシナジーはない。相手フレンドを多くリバースに取ることはできるけれども…エクストラリサイクルぐらい?

     上のテキストと専用ヴィーシャを合わせて考えるならエクストラ抜きでも10/10上昇のサイズはある。

     

     多分一番噛み合いがいい。ターニャがリベンジを投げられることも踏まえると貫通を横2面と自身に振れて、本来であればコストの必要なエクストラリサイクルもノーコストでできる。コスト捻出が重くなるが、下のテキストも2回使えるなら威力は大きい。

     

     とりあえず早いとこ相手カードでタップしないっていうカードを見せてほしいよね。

    | - | 00:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 00:36 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://jinx-shop.jugem.jp/trackback/596
      トラックバック
      CALENDAR
      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      PR
      RECOMMEND
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENT
      モバイル
      qrcode
      LINKS
      PROFILE