Air Play 鰤

イメージしろ!
<< 全てが全部嘘になっちゃって 傷ついた貴方を癒してあげよう | main |
たとえ500マイル離れても 夜が来てまた心は求め合うのさ
0

     

     よくある手から撃つキャラのスキル無効。まあよくあるやつ。ヴィーシャネームだから一部のデッキでいざって時出しづらいかもしれない。

     

     元通り互換。いわゆる少女は強すぎたのかもうこれしか刷られないんだろうなって話。

     ターニャとかはサイズあるから先防も選びやすい…かも?

     

     自動/EX発動/相手のフレンドがカードの効果で登場した場合、このカードを裏から表にしてもよい。そうした場合、そのキャラをレストにする。

     自動/EX発動/相手のバトルフェイズに相手のキャラがカードの効果でスタンドになった場合、このカードを裏から表にしてもよい。そうした場合、そのキャラをレストにする。 

     

     ここからはニコ生で拾ったやつ。

     キャラでない使い切り型のエクストラ。

     効果登場メタはよくあるキャラの永続と効果が同じながら、エクストラから撃てるので対応力は高いものの、使い切りゆえに連続で単発での処理になってしまうのが悩みどころ。効果で登場させるタイプだと最近ではけものフレンズなんかがメジャーだけどメイン登場からレベルアップでケアになってしまうので、最終的に待って撃てる振り幸とかの方が基本は使いやすい。どちらかというと帰りに撃つカードじゃなくて行きで強気に撃つカードの感じがする。守りでキャラが降って湧くこともありえるのでブロッカー排除の実が強いかも。下のテキストは単純に連パンケア。要するにひかりメタなんだろう。メタとして入れつつも上のテキストがあるので場合によりけりながら腐り辛い。エクストラ枠の問題が難しい…かな。

     

     自動/EX発動/自分の「ターニャ・デグレチャフ」が相手のカードの効果でスタンドからレストになった場合、このカードを裏から表にしてもよい。そうした場合、そのキャラをスタンドにする。

     自動/EX発動/自分のフレンドが相手のキャラの能力によって表から裏になった場合、このカードを裏から表にしてもよい。そうした場合、そのキャラを表にする。

     

     ターニャ単騎や輝く双眸で着地させた時のケア。ただやっぱり使い切りなので、ターニャ単騎はそれなりにタイミングを選ぶことになると思う。タッチレストにも対応してる強みもまあある。うたたねとかね。下のテキストは効果だけ見ると割と強くて、ほぼノーコストで復帰ができるものの相手のキャラの能力ってのが難しいか。盤面に焼きをばらまいてくるようなPT相手には強いかも?生放送中は触れられなかったけど、恐らく一度に複数面裏になったらそれ全部まとめて起こせる…はず。

     

     使用/自分のキャラ1体を表から裏にし、自分のエクストラデッキのカード名に「神への祈り」を含むカード1枚を裏から表にする。

     Main/以下の2つから1つを選ぶ。その後ターン終了時まで、術式始動を使用できない。

     ・目標のセットカード1枚をバックヤードに置く。そのセットカードが【セット】を持つ場合、追加で目標の相手のセットカード1枚を控室に置く。

     ・目標の相手のフレンドを裏にする。

     

     まだあったユニークイベント。

     画質が悪くて結構文字が見づらいけどおそらくこのコスト。セット割りとフレンド裏取りの2択。

     セット割りはなかなか強烈。バックヤードに飛ばすので再利用もさせづらく、2枚まとめて剥げるのでサイズで優位を取りやすい。何かしらセットが入ってるデッキが多いので腐り辛い。ターニャ自体は致命傷になるセットこそ少ないが、防御札がイベントに寄ってる印象はあるので、イベ無効のセットとかは割れるならそれに越したことはないかな。

     フレンド裏も有用。登場縛りもないので、どんなフレでも取れる。

     悩みどころはコストの重さ。フレ裏はとにかく使い切りエクストラを表にするのは正直しんどい。実はテキストが読み間違っててエクストラのリサイクルだったら超評価するんだけどそんなことはなさそう。

     

     ほとんどノーコストの1/1修正かつバックヤードとバウンス以外で割られないセット。

     このキャラ以外の〜ながら2面に張ると切りこみロックさながらセットが控えに落とされなくなるのは有能さ。ただこれ自体はメタテキストが書いてあるわけでもなく、張ったからといってキャラのスペックが向上するわけでもないのは注意したい。ラインの悪魔が相手ターンで完全にマグロになる可能性が減ったのはいいこと。

     

     幼女戦記は男がくっそ多いらしい。まあターニャもオッサンだからね。

     PTがレベル3以上ならパートナーandターニャは相手のイベ効果を受けない、とレベル5以上のターニャにバトルで裏を取ったならスタンド付与。

     レベル3以上という条件付きながらチェルミは優秀。イベントでレベカも差しやすいのでこれは狙っていっていいと思う。スタンドのテキストだけど行きで喋るのは結構難しいと思う。帰りで使う場合もあり得るのかな…と思ったけど2日目公開のターニャとかで自身キャッチから自身コストでレストにしつつ一方取れれば立ちあがったりはする。まあ連パンをちらつかせられるので、相手の防御札を腐らせる強みはあるかも。チェルミだから懇願が通らないし、そうなるとキャラ貫通無効だけど大体バトル中だしね。自身に殴るサイズは無いけど、3日目のターニャとかならサイズパンプもしやすい。あとは種次第。

     

     復帰登場と3ルック。PTターニャでバトルダメでデッキから落ちるとなんとハンド1とフレ戻しで登場できる上3ルックしながら相手フレ1面タップとかわけわからん存在。

     意図しないところで湧いてきてダメージを抑え込みに行けるので防御がより強まる感じに。フレンドを戻すのも単純に強く、失策などをまた貰うリスクこそあれ、CIPの再利用やリカバリとして大きく機能する。全裏取られてなお、守れる可能性がある点は結構スゴイんじゃないかな?3ルックはドローもあったらよかったけど、まあ流石に。

    | - | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 01:12 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://jinx-shop.jugem.jp/trackback/599
      トラックバック
      CALENDAR
      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
      PR
      RECOMMEND
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENT
      モバイル
      qrcode
      LINKS
      PROFILE